【最新情報】2023年の吉田正尚の新人王の獲得は厳しい?海外の反応や新人王争いの候補の成績も紹介

メジャーリーグの吉田正尚の新人王のライバル メジャーリーグ

2023年、吉田正尚はアメリカンリーグの新人王の有力候補と言われています。

しかし、ライバルの成績を考えるとまだ新人王は確実ではないと言えます。

そこでこの記事では「吉田正尚が新人王を獲得できるのか?」という疑問を解決するために、

  • 吉田正尚の2023年の成績
  • 吉田正尚の新人王候補のライバル選手との比較

について解説します。

吉田正尚が新人王を獲得できるのか知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

吉田正尚が新人王受賞有力と言われるの背景

吉田正尚がなぜ新人王最有力と言われる理由は、打撃成績が良いからです。

新人王の資格を持つ選手の中では群を抜いて打撃成績が良いです。

しかし、新人王争いの中ではライバル選手の成績も考慮したうえで評価しなければならないため、ここでは、

  • 吉田正尚の2023年の成績
  • 2023年のライバル選手との比較

について解説します。

吉田正尚の2023年の成績

冒頭の投稿は吉田正尚の13号ホームランです。

吉田正尚は2023年にメジャーデビュー。

1年目から見事な成績を残しています。

わかりやすく表に成績をまとめてみました。

打率ホームラン打点盗塁出塁率OPSfWARrWAR
吉田正尚の打撃成績.28915本72打点8盗塁.338.7830.61.4
WARとrWARの違いについて詳しく知りたい方は下記の記事をぜひ参考にしてみてください。
参考記事:野球のWARとは?セイバーメトリクスの概要とfWARとrWARの違いについても解説!

メジャー1年目から二桁本塁打をマーク。

シーズン終盤では不調だったものの、十分活躍していると言えるでしょう。

WARも1.0前後を記録していますので、レッドソックスに代替選手に比べて1勝ほどの貢献をしていると評価できます。

2023年のライバル選手との比較

吉田正尚の新人王のライバルとして挙げられるのは、

  • ジョシュ・ヤング(レンジャーズ)
  • ヤイナー・ディアズ(アストロズ)
  • ハンター・ブラウン(アストロズ)

の3選手です。

ジョシュ・ヤングの成績

ヤングは2019年のドラフト1位(全体8位)で指名された有望株です。

ヤングの成績は以下の通りです。

打率ホームラン打点盗塁出塁率OPSfWARrWAR
ジョシュ・ヤングの打撃成績.26623本70打点1盗塁.315.7822.52.4
WARとrWARの違いについて詳しく知りたい方は下記の記事をぜひ参考にしてみてください。
参考記事:野球のWARとは?セイバーメトリクスの概要とfWARとrWARの違いについても解説!

吉田正尚よりも長打力がある点が魅力の選手です。

その証拠に、23本のホームランを放ち、そのポテンシャルを発揮しています。

ヤイナー・ディアズの成績

ディアズは主にアストロズでDHで起用される選手です。

ディアズの成績は以下の通りです。

打率ホームラン打点盗塁出塁率OPSfWARrWAR
ヤイナー・ディアズの打撃成績.28223本60打点0盗塁.308.8462.03.2
WARとrWARの違いについて詳しく知りたい方は下記の記事をぜひ参考にしてみてください。
参考記事:野球のWARとは?セイバーメトリクスの概要とfWARとrWARの違いについても解説!

しかし、もともとキャッチャーとしてMLB公式のプロスペクトランキングTOP100に入っていたほどの実力者。

実際にキャッチャーとして2023年には62試合に出場しています。

キャッチャーとしての起用があるという点で、新人王としてのアドバンテージがある可能性も考えられます。

ハンター・ブラウンの成績

ブラウンはMLB公式のプロスペクトランキングでTOP100に入っていた選手です。

2022年にメジャーデビュー。

そして新人王の資格を保持したまま2023年を迎えました。

ブラウンの成績は以下の通りです。

勝敗防御率投球回数WHIP奪三振数fWARrWAR
ハンター・ブラウンの投球成績11勝13敗5.09155.2回1.361781.80.0
WARとrWARの違いについて詳しく知りたい方は下記の記事をぜひ参考にしてみてください。
参考記事:野球のWARとは?セイバーメトリクスの概要とfWARとrWARの違いについても解説!

ルーキーとして11勝をあげた投手。

強豪球団のアストロズの先発ローテーションの一角を担う選手です。

各選手のWARでの比較

WARを比較した場合、吉田正尚は新人王としてかなり劣勢です。

各選手のWARは以下の通りです。

吉田正尚ジョシュ・ヤングヤイナー・ディアズハンター・ブラウン
fWAR0.62.52.01.8
rWAR1.42.43.20.0
WARとrWARの違いについて詳しく知りたい方は下記の記事をぜひ参考にしてみてください。
参考記事:野球のWARとは?セイバーメトリクスの概要とfWARとrWARの違いについても解説!

全体として、吉田正尚はfWARでもrWARでも劣っていることがわかります。

WARだけで評価するならば、吉田正尚の新人王は厳しいと言えるでしょう。

WARで評価すると、ジョシュ・ヤングとヤイナー・ディアズの一騎打ちになる可能性があります。

吉田正尚への海外の反応

吉田正尚の新人王獲得への海外の反応をいくつか紹介します。

まずは、ESPNのJoon Leeが執筆した記事です。

吉田正尚自身、新人王になることは望んでいません。

吉田正尚はプロ野球キャリアの最初の7年間を日本で過ごし、日本シリーズ制覇やNPBオールスター4回、打撃タイトル2回、ベストナイン賞5回を受賞しました。

吉田正尚の実績と、2023年のワールドベースボールクラシックのタイトルにより、吉田正尚自身はMLBの新人賞には資格がないと感じています。

吉田正尚は、レッドソックスと5年9,000万ドルの契約を結んだ際、多くの人々がその契約の価値に疑問を抱いていました。

しかし、吉田正尚はMLBのピッチングに適応する能力を証明しました。

吉田正尚は61試合で打率.309、7本のホームラン、17本の二塁打、36打点を記録しています。

チームの最も一貫したヒッターの一人としての地位を確立しました。

引用元:‘The Japanese Juan Soto’: Masataka Yoshida has been a hit

Joon Leeによると、吉田正尚自身が新人王になることは望んでいないとのこと。

日本でのキャリア、さらには大型契約など、新人王の資格がある選手としてはあまりにもスタート地点が他の選手と違うと感じているのかもしれませんね。

続いて、BellyupSportsに投稿されたCody Bondesonの記事を紹介します。

少々長い記事ですので、要約して記載します。

吉田正尚が2023年のアメリカンリーグ新人王賞の最終候補者でない場合、私は驚愕するでしょう。

吉田正尚は技術的には新人ですが、彼が受けるべき認識を得るための唯一の方法として、新人王を受賞することがあるでしょう。

レッドソックスは吉田正尚の獲得に批判されましたが、吉田正尚はその価値を証明しています。

彼は全てのMLBの新人ヒッターの中で最も優れており、2023年には統計的に最も優れた新人ヒッターであり、アメリカンリーグのヒッターの中でもトップクラスです。

吉田正尚は多くの分野でリーグのトップに位置しており、実績がどれだけ優れた選手であるかを示しています。

吉田正尚が2023年のアメリカンリーグ新人王賞を受賞するか、少なくとも最終候補者として選ばれることが、吉田正尚に対する不当な批判を正す第一歩となるでしょう。

参考元:Give Masataka Yoshida Rookie of the Year Anyway

Cody Bondesonによれば、吉田正尚は新人王争いの最終候補に選ばれることは確実であると述べています。

ただし、新人王を獲得するかどうかまでは言及していません。

吉田正尚よりも良い成績を残しているライバル選手が多いことも要因として考えられます。

吉田正尚の今後の展望【まとめ】

ここまで、吉田正尚の成績と新人王争いをしている選手の成績とを比較してきました。

打撃成績だけで言えば、吉田正尚は新人王を獲得する可能性はありますが、WARを考えた場合、最もチームに貢献している選手はジョシュ・ヤングであり、次にディアズやブラウン、次いで吉田正尚という順番でした。

やはりWARを考えると、吉田正尚の新人王獲得は厳しいと言えるでしょう。

英語が読めない私がどうやって大谷翔平のMLB公式ユニフォームを手に入れたのか?

「全然英語読めないよ。諦めようかな。」

MLB公式サイトを見つめながら、私は心の底から思いました。

英語で書かれたメッセージ、「Nishishinjuku, Shinjuku-ku, ~」と慣れない英語の住所表記。

英検3級レベルの英語力しか持たない私には大谷翔平のユニフォームを購入するのは無理だったのだと思いました。

しかし、大谷翔平は2023年にFAになり、30球団と入団交渉が可能に。エンゼルスは主要6選手を放出するなど、解体状況であり、エンゼルスと大谷翔平が再契約する可能性は限りなく低い

だから「大谷翔平のエンゼルスでのユニフォームを販売されているうちに手に入れたい」と思っていました。

「日本語で販売されているサイトはないかな…?」っとAmazonで大谷翔平と検索し、スクロールすると上から30個目くらいのところに「Nike ロサンゼルス・エンゼルス 大谷翔平 レプリカユニフォーム」とあったのです!

「AmazonにMLB公式のレプリカユニフォームが売ってた!」

普段通りに買い物カゴに追加し、普段通りに会計を済ませたら、大谷翔平のレプリカユニフォームが家に届きました!

よく調べてみると、楽天やYahoo!ショッピングでも検索結果で上位表示はされないものの大谷翔平のレプリカユニフォームはまだ取り扱っています!

まだ間に合います!

大谷翔平がエンゼルスにいる間に、下記のAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングから大谷翔平のエンゼルスのユニフォームを手に入れてみませんか?

\大谷翔平がエンゼルスにいる間にチェック/

\大谷翔平がホームで着用/

大谷翔平のプレーを最も簡単に観戦できる方法とは?

日本が誇る二刀流、大谷翔平の全試合をみたい場合、AbemaTVやSPOTV NOWなどのサブスクリプションサービスが便利です。

大谷翔平をみたいと考えて色々なサービスを試した結果、私が最もおすすめするサービスは間違いなくスカパーです。

スカパーの優位性は主に以下の5つ。

  • お申込みから約30分で視聴可能!
  • 大谷翔平の全試合を完全生中継!
  • 初月1980円から48chが見放題!
  • 視聴したい5つのチャンネルだけを選べば、月々1980円で視聴可能!
  • 日本プロ野球の試合を全試合完全生中継!

「今すぐ大谷翔平のプレーをみたい!」というとき、スマホやタブレット、PCそしてテレビといったあらゆるデバイスですぐに、簡単に大谷翔平をみられます!

もちろん「スカパーは私には合わないな…」と思ったら、解約できます!

ぜひこの機会に、大谷翔平のプレーを最も簡単に観戦できるスカパーに申し込んでみませんか?

\スカパーへのお申し込みはこちらから/

コメント

タイトルとURLをコピーしました