【最新情報】2023年のMLBのWARワーストランキング!意外な選手が名を連ねる!

MLBWARワーストランキング メジャーリーグ

大谷翔平が圧倒的な良い成績を残す反面、圧倒的に悪い成績を残す選手も存在します。

そこで、この記事では、2023年のワーストランキングを紹介します。

  • WARという概念を知りたい!
  • 2023年のWARのワーストランキングを知りたい!

という疑問を解決できる記事になっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

WARとは何か?

冒頭のtweetはWARの起源を背景とした映画マネーボールの映像です。

WAR(Wins Above Replacement)とは、打撃や走塁、守備、投球を総合的に評価することで、選手の貢献度を表す指標のことです。

さらに詳細に解説すると、WARは、「そのポジションの代替可能な選手に比べてどれだけ勝利数を上積みしたか」を統計的に推計した指標です。

代替可能選手とは、「平均以下の実力で、容易に獲得できる選手」を指します。

代替可能レベルは、2013年より、FanGraphsとBaseball Referenceは代替選手のみを使えば勝率.294が期待できるという基準に統一しています。

fWARとは?

fWARとは、FanGraphsが算出するWARのことです。

具体的な算出方法の定義はされていません。

各部門の指標に何を用いるか(例えば守備指標をDRSで評価するかUZRで評価するか等)は算出者に一任されています。

そのため算出方法が複数あり、人によって値も異なります。

rWARとは?

rWARとは、著名サイトであるBaseball Referenceが算出するWARのことを指します。

rWARも算出方法は定義されていません。

各部門の指標に何を用いるかは算出者に一任されています。

rWARは、打撃や走塁、守備、投球の各指標を総合的に評価し、選手がどれだけ勝利に貢献したかを表す指標です。

大手スポーツ専門局であるESPNはrWARを公式記録として採用しています。

WARを野球界に浸透させた名作マネーボールとは?

「マネーボール」とは、オークランド・アスレチックスのGMであるビリー・ビーンが、超弱小球団であったアスレチックスを常勝軍団に変貌させるノンフィクションの物語です。

打率、打点など従来では評価に値する指標に疑問を感じたビリー・ビーン。そこで、全く新しい評価方法「セイバーメトリクス」を導入。すると、超弱小球団のアスレチックスが当時アメリカンリーグ新記録の20連勝をする球団にまで生まれ変わりました。

セイバーメトリクスの頂点の概念である「WAR」を野球界に知らしめたのは名著「マネーボール」で間違いありません。

「専門書は難しいな…」なんて悩んでいる方には朗報。「マネーボール」は小説で映画化もされるほどわかりやすく書かれており、ほとんど専門用語が出てきません。

小説なので、他のユニフォームなどと比べると10%ほどの値段で購入可能。しかもKindleなど電子書籍もあるため、スマホやタブレット、PCを使っている方は今すぐにでも読めます。

「WBCを観戦して野球を知ったから野球のルールがイマイチわからない…」といった方でも、小説なのでスラスラ読めます。

「マネーボールを読む前」と「マネーボールを読んだ後」では野球に対する理解が深まり、最新の野球の評価方法を知れるので、野球に対する見方が180度変わります。

野球が10倍にも20倍にも楽しく感じられる名著「マネーボール」をぜひこの機会に読んでみませんか?

\弱小を強豪に押し上げた戦略とは/

2023年のWARワーストランキング

FanGraphsのデータをもとに、下記の表に2023年終了時点のWARランキングを作成しました。

ワースト順位選手名Total WAR
1Jurickson Profar-2.0
2Harold Castro-1.6
3Oscar Gonzalez-1.5
4Gavin Sheets-1.4
5Eric Haase-1.4
6Martín Maldonado-1.3
7Oscar Colás-1.3
8Enrique Hernández-1.3
9Jean Segura-1.3
10Michael Toglia-1.2
11Kris Bryant-1.2
12Nick Maton-1.1
13Tyler Soderstrom-1.0
14Cam Gallagher-1.0
15Henry Davis-1.0
16Jorge López-1.0
17Jordyn Adams-1.0
18Austin Nola-1.0
19Alec Burleson-1.0
20Danny Mendick-0.9

ワースト1位はジュリクソン・プロファー。

プロファーは有望株ランキング(プロスペクトランキング)で全体1位にも輝いたことのあるポテンシャルの持ち主ですが、現時点ではワースト1位となりました。

ワースト11位はロッキーズのクリス・ブライアント。

クリス・ブライアントは、2013年のドラフト1位(全体2位)で指名され、メジャーデビュー後に新人王やMVPなど数々のタイトルを総なめにしてきた選手です。

仮に、ブライアントの復調が期待できない場合には、不良債権化も考えられます。

英語が読めない私がどうやって大谷翔平のMLB公式ユニフォームを手に入れたのか?

「全然英語読めないよ。諦めようかな。」

MLB公式サイトを見つめながら、私は心の底から思いました。

英語で書かれたメッセージ、「Nishishinjuku, Shinjuku-ku, ~」と慣れない英語の住所表記。

英検3級レベルの英語力しか持たない私には大谷翔平のユニフォームを購入するのは無理だったのだと思いました。

しかし、大谷翔平は2023年にFAになり、30球団と入団交渉が可能に。エンゼルスは主要6選手を放出するなど、解体状況であり、エンゼルスと大谷翔平が再契約する可能性は限りなく低い

だから「大谷翔平のエンゼルスでのユニフォームを販売されているうちに手に入れたい」と思っていました。

「日本語で販売されているサイトはないかな…?」っとAmazonで大谷翔平と検索し、スクロールすると上から30個目くらいのところに「Nike ロサンゼルス・エンゼルス 大谷翔平 レプリカユニフォーム」とあったのです!

「AmazonにMLB公式のレプリカユニフォームが売ってた!」

普段通りに買い物カゴに追加し、普段通りに会計を済ませたら、大谷翔平のレプリカユニフォームが家に届きました!

よく調べてみると、楽天やYahoo!ショッピングでも検索結果で上位表示はされないものの大谷翔平のレプリカユニフォームはまだ取り扱っています!

まだ間に合います!

大谷翔平がエンゼルスにいる間に、下記のAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングから大谷翔平のエンゼルスのユニフォームを手に入れてみませんか?

\大谷翔平がエンゼルスにいる間にチェック/

\大谷翔平がホームで着用/

セイバーメトリクスをさらに学びたいあなたへ

「マネーボール」の舞台となったのは2002年。

そこから20年余りの間に、セイバーメトリクスも進化を遂げました。

そこでさらに最新のセイバーメトリクスを学びたい方におすすめの書籍が「統計学が見つけた野球の真理」です。

「統計学が見つけた野球の真理」では、

  • セイバーメトリクスの歴史とは?
  • 大谷翔平の「二刀流」がMVPに本当に値するのか?
  • スワローズ&バファローズの史上初のW下剋上がなぜ起きたのか?

といった従来論じられてこなかった論点を解説した書籍になります。

「野球のユニフォームなどは高い…でも1,000円くらいならお金を出せる!」といった方には、おすすめの一冊です。

Kindleなどの電子書籍では今すぐダウンロードできるので、すぐ読みたい方にもおすすめです。

大谷翔平といった現代の野球論を覆した選手がどのように評価できるのか?

セイバーメトリクスの真髄を「統計学が見つけた野球の真理」で学んでみませんか?

コメント

Copied title and URL